CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
気分転換。
・・・半年に1回更新とかアホか俺!
っていう気分なので。
テスト勉強中の気分転換を兼ねてるわけですが。

前の日記を読み返してると色々あったんだなぁ、としみじみ。
どうでもいいことで悩むとこは未だ治ってないけど去年よりは良いかも。
何もしないで悩むよりはしてから悩むほうが良いなぁと、思うようになって4月の復学の頃からずっと精一杯やってきた。
怒られる事も滅入る事もあったけどそれは試練で、逃げることはできないと。
むしろ向かっていったらあまり傷つかないんだよね、逃げるからもっと傷口が広がってその大きさに絶望しちゃうのであってさ。

・・・そんな事を考えながら明日のテストの対策をしてた。
ちっとも解法が記憶に残らないorz
| - | 23:03 | comments(3) | trackbacks(0) |
Hope there's someone
Hope there's someone who'll take care of me
When I die, Will I go?
Hope there's someone who'll set my heart free
Nice to hold when I'm tired
There's a ghost on the 'rizon
When I go to bed
How can I fall asleep at night
How will I rest my head?
Oh I'm scared of the middle place
Between light and nowhere
I don't want to be the one
Left in there, left in there
There's a man on the 'rizon
Wish that I'd go to bed
If I fall to his feet tonight
Will allow rest my head?
So here's hoping I will not drown
Or paralyze in light
And godsend I don't want to go
To the seal's watershed
Hope there's someone who'll take care of me
When I die, Will I go?
Hope there's someone who'll set my heart free
Nice to hold when I'm tired
| - | 23:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
Where?
声が、聴きたいよ。
心が落ち着くんだ
疲れた身体もすぐに楽になるから

それすら戸惑っている自分は・・・
| - | 00:44 | comments(5) | trackbacks(0) |
クリスマスの笑顔
元手がいらない しかも、利益は莫大
与えても減らず、与えられたものは豊かになる
一瞬のあいだ見せれば、その記憶は永久につづく
どんな金持ちもこれなしでは暮らせない 
どんな貧乏人もこれによって豊かになる
家庭に幸福を、商売に善意をもたらす
友情の合言葉

つかれたものにとっては休養、失意の人にとっては光明
悲しむものにとっては太陽、悩めるものにとっては自然の解毒剤となる
買うことも、強要することも、借りることも、盗むこともできない
無償で与えてはじめて値打ちが出る

クリスマス・セールでつかれきった店員のうち
これをお見せしないものがございました節はおそれいりますが
お客さまのぶんをお見せ願いたいと存じます
笑顔を使いきった人間ほど、笑顔を必要とするものはございません
| - | 21:22 | comments(2) | trackbacks(0) |
恋愛映画も好きだけどアクションのほうが好き。
最近ゲームなどしてもちっとも面白くないので映画を見る割合が多いです。
アルバイトがオフの日は出かけるか映画を見てるかの二択。
アルバイトはアルバイトで非常に面白いからやりがい保てるし。
イベント関係の警備業で制服着ているから仕事柄よく子供から敬礼されます(笑)

映画は・・・ロビンフッド、ショーシャンクの空に、スティング、明日に向って撃て!
      俺たちに明日は無い、ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ、荒野の七人等。

面白いお勧め映画を教えてくれればありがたいデス。

--------------------------------------------------------------------------------
今日の1曲。 「mo' better blues」 - Chet Baker 19xx.
--------------------------------------------------------------------------------
ネットラジオにて聞いていて良いなぁと思ったので。
同名の映画がありますがチェット・ベイカーの死後なので初めに
この曲があったということなのかな・・・。
| - | 11:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
九十九里浜にて。

隣にだれかいてくれたら・・・もっと楽しいのにな。
| - | 10:48 | comments(3) | trackbacks(0) |
パソは逝ったけれども
生きてますよ?
| - | 15:57 | comments(1) | trackbacks(0) |
独り寂しい夜
いつから私はこんなにも臆病になったのだろう
誰にも話せずに独り苦悩するようになったのだろう
自分の気持ちを伝えることが下手になってしまったのだろう
一つ生きる糧を得ては知らぬ間にそれを食い潰し後悔をする
一つ楽しみを見つけては自らで楽しみを壊してしまう

申し訳ないよ。 皆に心配してもらってるのにこんなんじゃ
そう思う自分と逆のことをする自分が大嫌い
いつもいい加減に考えて楽をしようとする自分が大嫌い
その場の快楽のためだけに生きる自分が大嫌い
ああしようこうしようと思ってもすぐ諦める自分が大嫌い

じゃあ、なんでここにいるんだろ?
| - | 23:48 | comments(1) | trackbacks(0) |
甘えなんて必要ないよ。
思考を止めないように
駄目だった時の事など考えないように
自分の中の甘えが無くなるように
自分が思うほど人は悪い考えではないと
自らで超えられない城壁を築かないように

ただ一つ、自分を突き動かしているのは信じることのできる人の為であると。

「最大の名誉は決して倒れないことではない。 
      倒れるたびに起き上がることである。」  孔子
| - | 23:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
サマーバケーション。
日曜、月曜の2日間で安房勝山に住む友人宅へ行ってきました。
最後の最後まで行くか行かないか迷ってたけど気がつくと電車に乗ってました。
電車に早く乗りすぎたせいでちょっと遠くにある終点の駅まで乗ってから
現地へ向かってみたり。 もともと電車から眺める風景って好きなんです。
天気が良くて海沿いの線路で、尚且つ時間にあまり制限無いと言うのなら
やらないわけにはいかず。
がたんごとんと、学生が降りたり乗ったり、これから空港にでも行くのか
大きいスーツケースを持った夫を送り出す妻、サーフボードを申し訳なさ
そうに持って席を探す若者、全てがのんびりと過ぎていきました。
もう一度、乗ってみたいな、と思います。
出来れば途中で降りて海岸に行ってみたいのもありますケド。

そんな穏やかな旅の後に友人宅へ。
いつも行く馴染みのメンバーでは無い人とフリータイムで久しぶりにカラ
オケやったり、ネットカフェで夜を明かしたり(実は8/8の日記はそこで
書いてます)、早朝一番にビリヤードをしたり。
2時間ぐらい普通に歌ってたのに気がつけば大アニソン大会っぽくなってて
なかなか凄いものが。 ラストで姫ちゃんのリボンのオープニングを全員
で歌うとか他人が見たら奇怪に思うでしょうね……
無茶苦茶過ぎます、だがそこがいいのですけどね。

目覚めた次の日、再び友人宅に向かい船に乗ってプライベートビーチなら
ぬ無人島に行き、そこでずっと泳いでました。
何回か行った人の話によると少し濁っているとのコト。
自分としてはこれでも綺麗だと思ったのにそれ以上に相当透きとおっていて
美しいのだろうと思うと少し残念。
船着場で何回もアクロバティックに飛び降りて体がボロボロになったし(´・ω・`)
花火を見るはずが色々用事があって車に乗りつつ花火を見て自宅へ帰還。

ホント楽しかったです。
また行きたい。

--------------------------------------------------------------------------------
今日の1曲。 「夏色」 - ゆず 1998.
--------------------------------------------------------------------------------
夏の曲は?と聞かれてとっさに思うのがこの曲です。
こういう時に聞くと雰囲気も盛り上がって楽しくなるものですよ。
| - | 21:45 | comments(2) | trackbacks(0) |
| 1/7PAGES | >>